• ビクトリーホースランチ

Hello,World.

最終更新: 2019年4月25日

はじめまして!

北海道は浦河より、 育成牧場のビクトリーホースランチです。


ホームページの刷新にともなって、ブログを開設することになりました。

当牧場のできごとや、生産・育成馬の活躍などをまとめていけたらと思っています。


頻度は・・・まぁがんばります。。


さて、ビクトリーホースランチでは、

大まかに分類すると「生産部門」と「育成部門」の2つの部門があります。


それぞれ字面でだいたいお分かりいただけると思いますが、

「生産部門」は競走馬の生産を扱う部門。

「育成部門」は競走馬の育成を扱う部門。


そのまんまですね。


それぞれ細かく見ていくと、

「生産部門」では、繁殖牝馬を繋養し、種付け、生産するだけでなく、

産まれてきた仔馬の飼育や、放牧地の管理など、競走馬の繁殖に関わる、多岐に渡る業務を担います。


産まれてきた仔馬たち(当歳馬)は、だいたい秋ぐらいになると「離乳」されて、母馬と離され、当歳馬同士で放牧されるようになります。

広義では、ここから初期”育成”とも捉えられますが、当牧場では、1歳の秋から開始する「騎乗馴致」までを生産部門がカバーしています。


これは、当歳馬に関わるスタッフを変えないことで、母馬と離されてしまうストレスを、少しでも軽減してあげることが目的です。

産まれてきてから、約1年半、たっぷりと人に愛情を注がれて、育っていくので、騎乗馴致にもすんなりと移行できますし、環境の変化によるストレスも最低限で抑えることができます。


こうして「生産部門」では、出産(2~5月)→種付け(3月~6月)→離乳(9~10月)→出産…という繁殖サイクルの他に、離乳後の1年で人が触ることに馴らす、乗れるような体づくりを促していく、初期育成のサイクルも担っています。


次回は、「生産部門」から「育成部門」へ、バトンタッチ。

騎乗馴致から”競走馬”になるまでと、それからのお話。


#競馬 #一口馬主 #育成牧場 #関西休養牧場 #初期馴致牧場 #繁殖預託

35回の閲覧

有限会社 ビクトリーホースランチ

〒057-0002 北海道浦河郡浦河町字西幌別358

TEL 0146-28-1436 / FAX 0146-28-1452

© 2019 Victory Horse Ranch