• ビクトリーホースランチ

バトンタッチのその先

最終更新: 2019年4月25日

みなさまおはこんばんにちは。

北海道は浦河より、 関西拠点の休養牧場も備えてます。ビクトリーホースランチです。


さっそく4日も日が開いてしまいました。。。

先が思いやられますね。


気合で今モニターと向き合っています。


さて、前回は当牧場「ビクトリーホースランチ」には「生産部門」と「育成部門」、この2つの部門があり、生産部門では繁殖牝馬を繋養し、仔馬を産み育てる”繁殖サイクル”の他に、離乳をした仔馬を、人に馴らす、乗れるように育てる、という”初期育成のサイクル”も担っている。

というお話をしました。


今回は、育成部門で初期育成を終えた馬が、

騎乗馴致を経て”競走馬”になるまでと、それからのお話です。


1歳の秋ごろ、初期育成を終えた馬たちは、大きな放牧地で自由に駆け回っていた”初期育成牧場”から、調教施設を備えた”育成牧場”へ移動します。


初期育成では、人が触ることや、手入れすることに馴れさせ、丈夫な体づくりを行ってきました。「育成部門」では、端的に言えば”馬から競走馬になる”ための訓練を行います。


大局はこのような感じです。


曳き馬の練習→ウォーキングマシーンに入る練習→ロンジングによるハミによる指示を覚える練習→鞍など馬装に馴れる練習→人が乗る練習→脚や声などによる人間の指示を理解する練習→馬場デビュー!→キャンター調教で身体能力の強化→馬運車に乗る練習→ゲート練習→入厩


めちゃくちゃざっくり書いたので、実際に現場で仕事をしている人が読まれると

怒られてしまうかもしれません。。。


例えばゲート練習なんかでは、まず何頭かは、初見ではゲートに近づくことすらできません。物見をして吹っ飛んでいきます。

ゲートの周りをぐるぐる回って、馴れてきたら匂いを嗅がせて、

ようやく安全なものだと認識してくれます。


それが1日目。

翌日は、すんなり近づいて、扉のない練習ゲートをくぐれました!


さぁ、もう馴れてるから、次はゲート内で駐立だなー、なんて思ってると

昨日は閉まっていた扉が開いているだけで、物見してぶっ飛んでいきます。


こんな感じで、どの段階においても、3歩進んでは2歩下がるような

地道な馴致を経て”人を乗せて走る”という競走馬の基礎が出来上がっていくのです。



そんな”騎乗馴致・調教のサイクル”を経て、晴れてトレセンや各競馬場へ入厩した”競走馬”は、調教師の下で、レースへ向けた仕上げを受けて、待望のデビューを迎えます。


結果は悲喜こもごも(この場合、誤用らしいですが、気にせず)でも、

無事に競走馬デビューができただけで、万々歳。


「今日はデビューを祝って君の誕生年のワインを開けよう。

  ボジョレー・ヌーボーの2年物だよ(笑)」


なんて茶番はさておき、無事競走馬としての一歩を踏み出した馬たちも、常にトレセンや競馬場にいるわけにはいきません。


調子を崩してしまったり、番組の都合上、次走までの間隔が空いてしまう時は、休養牧場に放牧に出て、そこで出番まで英気を養います。


そんなこんなで、レース ⇆ トレセン・競馬場 ⇆ 休養牧場 という”競馬のサイクル”を繰り返して、現役生活を過ごしていくのです。


そして運よく、競走馬として結果を残した、極々一部の馬たちは、次代へその血を繋ぐため、種牡馬・繁殖牝馬となって、各牧場へ帰っていきます。


こうして、また新たな繁殖サイクルが生まれ、競走馬事業としての大きなサイクルが閉じるのでした。


ここまで書いて、何が伝えたかったか。

聡明な皆さまならお分かりですね。


そう、なんと!

当牧場「ビクトリーホースランチ」には、”生産・初期育成・騎乗馴致/調教・競馬”

そのすべてのサイクルに拠点があるのです!\ジャジャーン‼/


競走馬事業の大きなサイクルの各ポイントに携わっているのです。

”競走馬事業の大きなサイクルの各ポイントに携わっているのです。”

大事なことなので2回言いました。


ノウハウたくさん持ってますよ。(馬主様、ご愛馬の預託いかがでしょうか?)

各部門で経験値積みまくれちゃいますよ。(求職者の方、一緒に働いてみませんか?)


気になったらレッツお問い合わせ!(0146-28-1436/victory1@juno.ocn.ne.jp)


さて、次回は。。。

何か考えておきます!


ではまた、次の更新まで!


#競馬 #一口馬主 #育成牧場 #関西休養牧場 #初期馴致牧場 #繁殖預託

47回の閲覧

有限会社 ビクトリーホースランチ

〒057-0002 北海道浦河郡浦河町字西幌別358

TEL 0146-28-1436 / FAX 0146-28-1452

© 2019 Victory Horse Ranch